つばき洞生活ノート

つばき洞生活ノート

名古屋でバーバラ・ブレナン・ヒーリングとホメオパシー

Art Project

こちらの記事↓でちょいちょい出てくる「Art Project」。

 

tsubakidoh.hatenablog.com

 

Art ProjectはBBSHのYear1~4各学年で提出が必須。

ビデオ上映も含むパフォーマンスか作品展示の形を選択できます。

 

Year1の時は同級生の古典歌曲・Lascia ch'io pianga(私を泣かせてください)

にあわせて17絃を演奏しました。

こういう曲↓


G. F. Händel, Lascia Chio pianga. Soprano; Julia Lezhneva

 

Year2の時は予め録音していった龍笛&笙にあわせて篳篥を吹きました。

演奏は散々な出来でしたがそこのところは衣装でカバー・・・いつも奏楽するときに着ている衣装を身につけました。

tsubakidoh.hatenablog.com

 Year3の時は笙で平調の調子の演奏。

反応が大きかったな〜。

ファミリー・デイの参加者の方からもたくさん声を掛けていただきました。

tsubakidoh.hatenablog.com

 

Year4のときは「これでArt Projectは最後だ」と思ったので歌いました。

歌って、一番シンプルな音楽表現の一つだと思いますので、

その原点に戻る試みをしてみたかったのです。

笏拍子とともに神楽を歌いました。

 

フロリダ校ではASBIWの生徒はArt Projectで何か発表するのではなく、

発表者たちのサポート役をしていました。

パフォーマンスで大勢の前に立つのって、プロセスに入るきっかけになったりしますからね〜。

 

大概、人前で演奏することには慣れているから平気。

 

と思っていた私も、出待ちの時にASBIWのおねーさまがサポートの手を差し出してくれた時に、自分がどれだけナーバスになっていたか気づきました。

 

それが、

今度のオックスフォード校ではASBIWの生徒も任意でArt Projectの参加できるとのこと。

 

同級生やもちろん、先生からのリクエストもありまして、

次回は笙を伴ってイングランドに上陸します!

 

tsubakidoh.hatenablog.com