つばき洞生活ノート

つばき洞生活ノート

名古屋でバーバラ・ブレナン・ヒーリングとホメオパシー

The Journey〜Mary Oliver

どれほど周囲が悪しき助言を叫び続けても、

家中が揺らぎはじめ、

貴方の足首を繋ぎ留める鎖の存在に気づいても、

ある日貴方はついに貴方の為すべきことを知り、

それに着手した。

「私の人生を返せ!」

それぞれの声は叫んだ。

しかし、貴方は止まらなかった。

風が強固なその指を以って最奥をこじ開けようとも、

彼らの憂鬱がそれほど酷いものであろうとも、

貴方は貴方の為すべきことを知った。

夜はすでに更けて外は荒涼としており、

道のあちこちに枝や石が落ちていた。

少しずつ、それらの声から離れるにつれて、

雲間から星が明るく輝き始め、

新しい声が聞こえてきた。

貴方はやがてそれが貴方の声であると気づく。

貴方が世界を深く闊歩するにつれてその声は貴方と仲良くなっていった。

そして、貴方は貴方ができることのみを為そうと決めた

ー貴方が救える命のみを救おうと決めた。

 

The Journey

One day you finally knew 

what you had to do, ans began,

though the voices around you 

kept shouting thier bad adviceー

though the whole house

began to trmble

and you felt the old tug

at your ankles.

"Mend my life!"

each voice cried.

But you didn't stop.

You knew what you had to do,

though the wind pried with its stiff fingers

at the very foundations,

though thier melancholy

was terrible.

It was already late

enough, and a wild night,

and the road full of fallen

branches and stones.

But little by little,

as you left thier voices behind,

the stars began to burn

through the sheets of clouds,

and there was a new voice

which you slowly

recognizes as your own,

that kept you company

as you strode deeper and deeper

into the world,

determined to do

the only thing you could doー

determined to save

the only life you could save.

Mary Oliver

f:id:tsubakidoh:20190705153047j:plain

今の私に、と先生が教えてくれた詩です。

必要な方に届きますように。