つばき洞生活ノート

つばき洞生活ノート

BBSH(Barbara Brennan School of Healing)現役生の日記です

AS3、はじまる

AS3= Teacher Training Class1が始まりました。

Proffesional Studies(Year1~4)の授業が開始する前にTeacher Trainigに特化した授業を2日間受けることになっていて、先ほどその2日目が終わりました。

明日はTeachers Prepがあって、翌日から本格的にClassに入る・・・というのが今週の流れです。

 

私がYear1のときにまことしやかに囁かれていた噂として、

 

「先生とASBIWの学生はスクールが始まる数日前から集合し、スクールが開催される場所の中心に光の柱を建てている(もちろん想像上の、です)。それによってスクールが開催される空間は安全に保たれる。」

 

というのがありましたねえ・・・「光の柱」と聞いてその時に受けた印象と今の印象は違いますが、意味的には当たらずといえども遠からず、と言ったところでしょうか。

f:id:tsubakidoh:20201002183433j:plain

とりあえず初っ端の2日間を終えて、

 

「実際にヒーリングセッションをすることと、グループをリードしたり教えることは別のスキルですよ。」

 

というBIPの言葉が少しわかりました。

 

今までと同様に年間18回以上のBIPセッションを受けることに加えて、スーパービジョンセッションも受ける必要があります。

 

このスーパービジョンセッションは先生たちも受けており、それはスクールディーンといえども同じ。

また、クラス中にも先生とTTが集まってグループでのスーパービジョンが設けられています。

 

スキルの一つ一つの評価はTeaching Team全員で、各々が各々のユニークなHSPで得た情報をつきあわせて行います。

 

Teachingの立場にあろうとも、たとえそれが校長であっても、異なるのは責任の範囲であって、人であることにはかわりないのです。