つばき洞生活ノート

つばき洞生活ノート

BBSH(Barbara Brennan School of Healing)卒業生による記録です

転校について

2021年3月に再スタートしたBBSH日本校は早くも2年目のClass2を終えました。

現在入学ご希望の方は来年度の入学or編入となります。

 

入学をご検討の方のために、

個人的見解もりもりのカリキュラムの詳細や、事務的事項についてまとめたのがこちらです↓

BBSH日本校(2021年3月開校)関連記事はこちらから

BBSH 日本校ができます!

BBSH年間費用のこと

BBSH入学条件

BBSH Year1~4各学年のテーマ

BBSH付属履修条件〜パーソナル・プロセス

BBSH Year1では何を学ぶのか①〜ブレナン・ヒーリング・サイエンス:理論とスキルⅠ

BBSH Year1では何を学ぶのか②〜サイコ-スピリチュアル・デベロップメントⅠ

BBSH Year1では何を学ぶのか③〜クリエイティブ・アートⅠ

BBSH Year1では何を学ぶのか④〜プロフェッショナル・プラクティスⅠ

BBSH Year1では何を学ぶのか⑤〜インテグレイティブ・ケアⅠ

BBSH Year1では何を学ぶのか⑥最終回〜ディスタンス・ラーニング・モジュールⅠ

BBSH Year1では何を学ぶのか 〜番外編

BBSHに行くとどうなるの〜事務処理編

転校について

※私とスクールとの関係には卒業生と学校以上のものは存在しません。あくまでも一卒業生の個人的な見解であることをご理解のうえお読みください。
詳細はこちらまでお問い合わせください  info@barbarabrennan.com
 
今回は少し異なった視点からのお話。
 

BBSHがインターナショナルなスクールである特典として、各校への転校が可能です。

最近オープンになった制度です・・・私がYear4のときまでは転校はできなかったと記憶しています。

 

ご参考までに、現在開校されている各スクールとコースの概要をご紹介。

 

フロリダ校

コース:Year1~4、ASBIW、A&P Ⅰ〜Ⅳ、バチェラーコース対応

英語での授業

2022年度よりスペイン語クラス開設

新年度は10月スタート

 

オックスフォード校

コース:Year1~4、ASBIW、A&P Ⅰ

英語での授業

新年度は9月スタート

 

カリフォルニア校

コース:Year1~4

英語での授業

新年度は10月スタート

 

NY校

コース:Year1のみ

英語での授業

新年度は9月スタート

 

コロラド校

コース:Year1のみ

英語での授業

新年度は10月スタート

 

フランス校

コース:Year1のみ

フランス語での授業

新年度は10月スタート

 

ドイツ校

コース:Year1のみ

ドイツ語での授業

新年度は9月スタート

 

日本校

コース:Year1~4(現在はYear2まで存在)

日本語での授業

新年度は3月スタート

 

オーストラリア校

コース:Year1~4(現在はYear1まで存在)

英語での授業

新年度は3月スタート

 

私はYear1を日本校、

Year2~4をフロリダ校、

ASBIW Year1,2をオックスフォード校、

AS3 をオックスフォード校と日本校で経験しています。

 

その経験から各校の特徴(個人的見解)を述べますと、

 

フロリダ校:感情レベル強め。発言したい人多め。発言のためのマイク争奪戦(?)がしばしば繰り広げられる。

以下、マイク争奪戦についての私の経験。

日本人コミュニティーにいてさえも控え目に過ごしてきた自分にとっては正反対の世界でしたが、

Year4の最後の頃にはマイク争奪戦に参戦&勝利したことしばしば。

「いつもとはちがうやり方、あり方」を安全な空間でやってみた結果、

成功体験が得られればその他の人生の領域においても可能性が増すてなわけです。

 

オックスフォード校:英語を母国語としない人がとても多い。フロリダ校に比べたらおとなしめ。立地(イングランド)の影響か構造レベル強め。

 

旧日本校:構造レベル最強校。めちゃくちゃ真面目でシリアスみさえあった。

 

現在の日本校については、

私はまだ対面授業を経験していないので評価を保留します。