つばき洞生活ノート

名古屋でバーバラ・ブレナン・ヒーリングとホメオパシー

ネタが尽きない方

実はひっそりとホメオパスです。

 

BHS(ブレナン・ヒーリングサイエンス)のセッション中で、

クライアントさんの身体症状をうかがっているときに、

 

これはセルフケアのレメディーで解決できそうだ

 

と感じた時にはレメディーをお渡ししたりいています。

 

先日もレメディーをお渡しする機会があって、

 

摂り方

レメディーの原物質の話

作用機序

 

をざっと説明していたところ、

 

ホメオパシーの話だといっぱい喋れるのね」

 

とコメントをいただきましてん。

 

ヒーリングのときは、

言語化しにくい感覚が多いからね。

それを「名付ける」のが大事なのだというのが今の学年なのだけれども。

 

ホメオパシースクールの時も、

卒業前に規定数のケースを経験する必要があって、

それをお願いする方を探すのにとても苦労しました。

3回は最低セッションを受けていただくことが必須でもあったので、

たった3回を満了するのもこんなに大変なことなのかと思ったものです。

 

でも、

今のヒーリングは、幸いにも興味を持って受けてくださる方がいらっしゃって、

あの時の苦悩は一体・・・と思う次第です。

 

「こっちの方が得意そう」

と思われているホメオパシーではなかなか前進がなく、

「(なんだか頼りなげ)」

なBHSヒーリングの方がセッション数累積が伸びていくのは不思議。