つばき洞生活ノート

つばき洞生活ノート

名古屋でバーバラ・ブレナン・ヒーリングとホメオパシー

使い分けの自由度①

このコロナ禍が始まった頃、家のなかでちょっとした(そうでもないか・・・かなり大きな)出来事がありました。

 

今は寛解状態になっています。

 

出来事の最中やその後にはメンター、スーパーバイザー、ASBIWのグループのサポートのおかげで、

「その問題のキモは何か」

「その問題に対してどのような私のあり方が健康的なのか」

「その出来事に関わる私の間違った概念は何か」

 

これらは割とすぐに明らかになりました。

 

f:id:tsubakidoh:20200517173503j:plain

それでも、

一旦、傷がついたフィールドはなかなか修復しないものですね。

今回の出来事で身に沁みました。

 

フィールドに傷がついているとその物質的表現であるところの身体もダメージが生じます。

創造の光が傷ついたフィールドを鋳型にして物質を形成するからです。

 

「これはあかんな」

と思ったので久々にがっつりとヒーリングを受けました。

 

「そういう時は他の人の手を借りていいんですよ」

 

そう言ってもらったことも後押しになりましたね、思い切って受けて良かったです。

おかげさまで今は殆ど元の状態かそれ以上の状態になりました。

 

BBSHJの撤退以降、卒業を目指して10年。

疲労は長年の疲労に加わってフィールドに表現されていたそうです。

そしてそこに絡むPast Lifeで持ち越した自分の傾向。

面白いもので、その傾向を強めるようなスーパーエゴの声は長らく私を支配してきましたし、私自身もそれが当たり前だと思っていました。

 

誰が悪い

という話ではないのです。

 

私たちは生まれ持った「感受性」を備えていて、

そこを良い意味でも悪い意味でも刺激する存在が周囲に配されている、ということです。

 

良い、悪いという区別さえ無意味です。

それは二元的な発想だから。

  

これらの諸々が一箇所に集まった感覚のあと、

「あと1週間は不要なものが噴出しますよ」

とのコメント通り、

普段なら気づかないでやり過ごすことも些細なきっかけで大噴火。

 

幸いにして今回は直接、人には発していません。 

一人で自室でやりました・・・これ大事だよ、ってBBSHではさんざん習う。

いかに正当な怒りであっても人に向けない努力・・・ええ、努力目標です。

 

ややこしいけれども、

意図的な攻撃に対して「 No」という権利はありますよ。

それまで「自分ごと」に含めていたら人生を棒に振ります、時間とエネルギーの無駄。

 

長くなったので続きます。

 

ただいま募集中の告知二つ↓

 

tsubakidoh.hatenablog.com

tsubakidoh.hatenablog.com