つばき洞生活ノート

つばき洞生活ノート

BBSH(Barbara Brennan School of Healing)卒業生による記録です

創造の一側面

日本校が再開して2年目に入り、

個人的にもUK校のYear1と日本校のYear2でTeacher Trainee=教育実習生としてばたばたしているうちに見解も変わっていよう、と

久々にBBSHでの経験を学生目線から記した投稿を読み直してみたら、

そんなに今の時点の見解との乖離がなかった。

 

むしろ「わかりやすいやん!」などと思ってしまうなど。

 

この番外編↓は我ながらよく書けておる・・・そして数年後には「若気の至りやねえ」と生温かい目で眺めることになろう・・・自分と自分の「作品」の関係はその繰り返し。

tsubakidoh.hatenablog.com

 

BBSHの本校はアメリカ合衆国にあります。

アメリカ人のバーバラとそのガイドのヘヨアンが構築したコンテンツは、

医学、心理学はもちろんのこと、

それ以外の、一見ヒーリングとは正反対に見えるような専門領域をバックボーンを持つ教師たちの才能=コアエッセンスの提供によって現在進行形で成長しています。

 

10年前に私が経験した授業の内容が、

現在のUK校のチームの先生方にとっては、

「過去のものであり、現在においては採用しない十分な理由があるもの」

として知っているに過ぎないものだったりします。

 

ただし、

伝え方は変化しても、伝える内容に変化はありません。

 

これも「創造」の一側面なのだと思います。