つばき洞生活ノート

名古屋でバーバラ・ブレナン・ヒーリングとホメオパシー

トラベルセットのマテリアメディカ

Arn.(アルニカ)

時差ボケの心理的な負担に用います。

切り傷、炎症、痛みとそれらによるショックに用います。

 

Cocc.(コキュラス)

乗り物酔い、時差ボケからくる不眠、方向感覚の喪失に。

 

Ars.(アルセニカム)

嘔吐を伴う下痢に用います。

旅行先での食あたりに。

 

摂り方

飲食前後20分以上のタイミングで、 瓶から一粒、 スプーンに取り出します。

舌の下に置いてレメデイーをゆっくりとかします。  

一時的に症状が強くなった時は治癒に向かっている可能性があります。

症状は強くなったのに気分がなんだか良いときは治癒に向かう一過程である証拠です。  

一度レメディーを摂ったら1時間は様子を見てください。

変化がなければ別のレメディーにするか、 別のアプローチを考える必要があります。